鳥取県注文住宅、コンクリート住宅、RC住宅 | REALIZE > ブログ > スタッフ日記 > 決断力

決断力

2010年2月10日 水曜日

blog 032

 

 

不沈艦 トヨタ が揺れている。

 

昨秋の米国でのフロアマットリコールでの対応のまずさの批判冷めやらぬ間の

 

今回の プリウス リコール、、、

 

 

 

トヨタは記録的経営赤字からの早急の脱出を至上目標に、

 

実に14年振りとなる創業家出身である豊田氏を社長に置き、そのカリスマ性に託した。

 

事実、その後発売した新型プリウスが まさに「飛ぶように」売れ、次期黒字化も

 

現実味を帯びていた。

 

 

知り合いもそのクルマを購入しようと昨年8月に注文したのだが、納車が今年3月予定、、

 

と 尋常じゃないほどの 需要>供給 である。

 

 

 

そんな中での今回の問題、上から目線で言っちゃうと

 

「トップの決断力不足」 を感じる。

 

 

ひとは生きていく上で、様々な決断を強いられます。

 

ときには 時限爆弾のスイッチを止める 赤の配線を切るか、青の配線を切るか・・・

 

的な 究極っぽいやつもあるでしょう。

 

 

 

その場において、ボスは会社のため、従業員のため、そして自分のために

 

決断しなければなりません。しかも、その判断が必ず「正しく」なければいけないのです。

 

今回のように対応が後手後手になると、消費者は一斉に背中を向けます。

 

産地偽装、消費期限改ざん、、、前例から見ても明らかです。

 

 

 

私はトップに求められるのは「先見の明」と「決断力」だと信じて疑いません。

 

会社の規模、業種に関係なく です。

 

 

 

そう力説しつつ、、髪を切るかどうしようか? かれこれ2ヶ月位悩んでいます。。。。

コメントをどうぞ

■ お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL.0857-38-8660  FAX.0857-38-8720 営業時間/8:00〜18:00(休日を除く)
株式会社 リアライズ 〒680-0947鳥取県鳥取市湖山町西2丁目392
お問い合わせはこちら